• Asami Nakao's picture
    Asami Nakao 日付 2014 年 12 月 19 日

    ブライトコーブは 12 月 9 日に 2014 Brightcove Japan Innovation Award の授与式を行いました。詳しくはプレスリリースをご覧ください。 この賞は、日本のブライトコーブにおいて、今年素晴らしい取り組みをなさったお客様を選定し、表彰させていただいたもので、各賞の受賞社様は以下のとおりです。 詳細はこちら →

  • Anne-Lynn Nilius's picture
    Anne-Lynn Nilius 日付 2014 年 12 月 16 日

    動画利用のメリットは、特定の分野に限定されず、ほとんどの市場に適用できるという点です。コンテンツ マーケティング戦略において重要な要素になっているのは、このような理由によります。製品のデモ、サービスの概要や手順の確認など、消費者はあらゆる状況で動画コンテンツを歓迎します。 詳細はこちら →

  • Anne-Lynn Nilius's picture
    Anne-Lynn Nilius 日付 2014 年 12 月 15 日

    旅行業界のトップ数百名が、10 月にシドニーの Sheraton on the Park Hotel で開催された TravelTech 2014 カンファレンスに集いました。そこで業界が直面している課題と、競争力を維持するために各社が行っている具体的な対策について、Flight Centre および Expedia などの業界最大手による講演がありました。 TravelTech 2014 で感じた主なトレンドを以下に紹介します。 詳細はこちら →

  • John Riske's picture
    John Riske 日付 2014 年 12 月 11 日

    今年の夏、世界中のスポーツ ファンが 2014 World Cup Brazil™ に熱狂しました。ほとんどの人は実際にブラジルに行くことはできませんが、試合を自宅で(あるいはオフィスで)視聴し、セカンド スクリーンで無料コンテンツを楽しむことができました。 詳細はこちら →

  • Michelle Berman's picture
    Michelle Berman 日付 2014 年 12 月 09 日

    アメリカでは、10月下旬にモールを訪れた人は、すでにクリスマスツリーや照明を目にしたことでしょう。その頃からクリスマス商戦は始まっています。クリスマスプレゼントの買い物は感謝祭の料理を食べ終えてから、という人もいますが、早めに買い物を済ませたいという人が増えています。ただし、これまでのように店舗には行かずに、インターネットで買い物をする人が増えています。 今年、小売店のクリスマス時期の売上は 8,630 億ドルに達する見込みです。これは膨大な金額でどの企業もシェア獲得を狙っていますが、売上を最大化するための方法は、数年前とは大きく異なっています。クリスマスソングで賑わうセール会場で、営業スタッフの助けを借りて買い物をする買い物客は減っています。今や、企業は Web サイトやオンラインツールで買い物客を魅了・獲得し、売上を達成しなければなりません。 詳細はこちら →

  • Paul Casinelli's picture
    Paul Casinelli 日付 2014 年 12 月 08 日

    常々コンテンツ マーケティングの効果を高めたいとお考えの皆さん(そうでない人などいないはずですが)、ブライトコーブでは動画によってコンテンツ マーケティングとビジネスを推進できるという、画期的な調査結果をお伝えしています。 ビジネスを推進するためには、視聴者にとって魅力的な動画エクスペリエンスを提供して、業績につなげることが必要です。ブライトコーブは、お客様がコンバージョン向上機能も備えた、エンゲージメントの高い動画エクスペリエンスを簡単に提供できるようにお手伝いいたします。そのために、動画ポータルとコンバージョン ツールというワンツー パンチ戦略を採用しています。 詳細はこちら →

  • Michelle Berman's picture
    Michelle Berman 日付 2014 年 12 月 04 日

    過去数年の間に、好みの番組を観る方法、タイミング、場所が大きく変化しました。あらゆる番組が有料配信されていた時代は終わったのです。Apple TV や Google Chromecast などのインターネット接続テレビが登場し、携帯電話やタブレットといったデバイスが急増しました。一方、視聴者とケーブル プロバイダーを回線で結び、従来型のテレビで見るといった方法は主流ではなくなりました。 comScore が実施した調査ではこのようなトレンドを詳しく分析し、利用習慣で大きな変化が発生しているだけでなく、ミレニアル世代(米国で 2000 年代に成人あるいは社会人になる世代)がこのトレンドを牽引しているということがわかりました。ミレニアル世代は現在 18 ~ 34 歳の人々を指します。この世代は有料テレビ サービスに加入したことがない人が平均より 77% 多く、以前は加入していたが現在は加入していない人が平均より 67% 多いのです。 詳細はこちら →