デジタル マーケターとメディア プロフェッショナルのための洞察。

Brightcove Galleryで 動画視聴者をリードに コンバートする4つの方法

各マーケターは、2016年の総合的な動画マーケティング戦略を立てておく必要があります。消費者はかつてないほど動画コンテンツをよく観るようになり、企業も動画にしかない効果に気付き始めています。需要と供給の両方が増えることで、2017年までに動画が全インターネット トラフィックの69%を占めるようになると予想されています。 以下2つの質問に対応できる動画マーケティング戦略が必要です。

動画計測におけるKPI

マーケティング活動への動画利用を促進するVideo Cloud、これから複数回にわたりWebマーケティングへの動画活用方法や事例などをご紹介していこうと思います。今回は動画計測におけるKPIのご紹介、またそれらをVideo Cloudを使って計測する方法、および改善事例を紹介します。   KPIの前に 本題に入る前に、KGIやKPIツリーという考えについて改めて書きたいと思います(分かっているよ、という方は読み飛ばして下さい)。さまざまなサイトで書かれていますが、サイトの目的が何なのかによってKGI(Key Goal Indicator、いわばサイトのゴール)やKPIツリー(例えば下のようなロジックツリーによってKGIと施策の関係を明確にする)が変わってきます。

動画を使用したリードの セグメンテーション

コンタクトリストのセグメンテーション(分類)がターゲットを絞ったキャンペーンの成功には不可欠だということを、マーケターは知っています。セグメンテーションによってマーケターは、潜在顧客に関連性の高い、タイムリーなコミュニケーションを行うことができます。関連性の高いコンテンツは潜在顧客を効果的に惹き付け、最終的にはアウェアネスやコンバージョンといったカスタマー ジャーニーに誘導して、売上につながる可能性が高まります。したがって、セグメンテーションが上手なほど、カスタマー ジャーニーの次の段階に誘導できます。動画マーケティングを使用することで、潜在顧客に関する新たなインサイトを獲得し、マーケティング セグメンテーション改善のための情報を取り込むことができます。今回はその方法を説明します。

SXSW 2016: 60以上のセッションをブライトコーブがストリーミング配信

Charli XCXによるパフォーマンス、J.J. Abramsによるデジタル ストーリーテリングに関する講演、The New York TimesによるSlackのCEO、Stewart Butterfieldのインタビュー。目的がいずれであっても、SXSW®は年間を通して最も注目されているカンファレンスの1つです。会場となるテキサス州オースティンでは、毎年イベントだけでなく、ホテル予約の争奪戦も同じくらい盛り上がっています。そして30周年を迎える今年はさらに大規模になることが予想されており、オバマ大統領とミシェル夫人もイベントで基調演説を行う予定です。

Google AMPがスタート - ブライトコーブ顧客も導入

Googleは2015年10月にAccelerated Mobile Pages Project(AMP)を発表しました。そしてブライトコーブは、モバイルWeb上での超高速なユーザー体験を確保するという共通の目的をサポートするため、弊社の動画プレーヤー用コンポーネントをすぐに提供しました。 すでにモバイルWeb上でのGoogle検索結果には、AMP仕様に応じてサイトを最適化したパブリッシャーによるAMP互換のランディング ページが表示されるようになっています。私自身も試しに携帯電話で2つ検索したところ、以下のような結果になりました。なお、これには偶然にも弊社のお客様である、Time Inc.、The Atlantic、Gannett、Vox、Forbesが含まれていました。

VAST 4.0のサポートで ユーザー体験を向上

あらゆるデジタル媒体でもテレビのようなシームレスで広告付きの視聴体験を提供している放送局なら、エンゲージメント率を高め、広告インベントリを増やすことは可能でしょう。アド ブロッカーを上手に回避しながら、より多くの視聴者へこのようなサービスを提供できれば、大きな収益をあげるチャンスがさらに広がります。また、ネイティブ プレーヤーの開発に追われることなく、より拡張性の高い方法でこれを実行することで、大幅なコスト削減が可能になり、収益が早く確保できるようになるのです。 このようなバラ色のシナリオを実現してくれるのが、サーバー サイド広告挿入(SSAI)と呼ばれるもので、Interactive Advertising Bureau(IAB)によるVAST 4.0の発表で注目を集めています。

インタラクティブ動画のROIを計算する

今週、ブライトコーブとDemand Metricは、この種のものとしては業界初となるInteractive Video Benchmarking Study(インタラクティブ動画に関する調査、英語のみ)レポートを発表しました。インタラクティブ動画がマーケターにとってどのような価値を持つのかについて、マーケティング活動に活かすことができる示唆に溢れたレポートです。非常に興味深いのは、インタラクティブ動画の効果や満足度について、マーケターの評価が驚くほど高かったにもかかわらず、「インタラクティブ動画のROIとは何か」という単純な質問に対し、いまだにマーケターは明快な答えをだせないでいるという点です。